オンライン授業やオンライン研修、WEB会議などで、カメラを意識してプレッシャーを感じるのは、あなただけではありません。コロナ禍の中であっても、私たちは仕事や学校教育を止めないために、また友人や家族と困難な時期を乗り越え、人と人とのつながりを維持するために、カメラの前で平気な顔を見せようとします。

これまで学校の先生や大学教授の方々は、授業のために動画を制作することなどなかった人が多いと思います。 高等教育の場で動画・ビデオは効果的と言われているの企業研修での活用が多いのに、なぜでしょう?その理由は様々で、気後れしていたり、ビデオ録画の経験不足だったり、単にリアルタイムで対面でのコミュニケーションを好むからだったりします。 

幸いなことに、見栄えの良い動画を録画することは、かつてないほど簡単になりました。Panoptoのような最新の ビデオプラットフォーム は、 ライブ配信 や、 講演会の記録, 会議やイベントの記録など、 ウェブカメラとマイクがあれば、ボタンを押すだけで簡単に利用できます。 Zoom, BlueJeans, Skype (現在はTeamsの一部) などのビデオ会議ツールを使ったバーチャルな対面式のリアルタイムの会話も、数回のクリックで可能です。

関連記事: 画面とウェブカメラを無料で録画する方法

 

ここでは、動画制作のスキルやプロの人材がいなくても、自力で洗練されたプロフェッショナルに見える動画を作れるようにする方法をお伝えしていきます。

今回が初めての録画であっても、何年も前からビデオを使って教育やコミュニケーション活動を行っていても、学ぶべきことは常にあります。ここでは、良い授業用の動画を制作するための7つのヒントをご紹介します。

7つのヒント WEBカメラの動画をきれいに見せるために

1.快適な服装で臨む

聴衆にふさわしく、快適に過ごせるものを身に付けてください。 MITが行った調査によると、 4つの講義で690万回のビデオ視聴セッションを行った結果、教育用の動画コンテンツは、講師がカメラに向かって直接話すのと、説明用のスライドを両方とも映した方がより魅力的であることがわかりました。ここで分かった他にも面白いことは、視聴者は上半身しか気にしないということです。 次の動画でスウェットパンツをはくかどうか はあなた次第です。!

もちろん、気持ちの中では 少なくとも カメラに向かっている時は、プロフェッショナルな見た目である必要があります。無地のドレスシャツまたはブレザーを選択し、プレゼンの内容から注意をそらすような生地やパターン、服装を避けるようにしてください。

 

Webカメラで簡単・快適に撮影

 

2.WEBカメラの配置で自分をアピールする

カメラのアングルによっては、顔の特徴がよく見えて、見た目があまりよくないことがあります。動画に移った自分の見た目が気に入らない場合、あとで編集しなければならないことになります。

幸いなことに、ウェブカメラを適切に設置するだけで、思い通りの外観にすることができます。USBウェブカメラでもノートパソコンの内蔵ウェブカメラでも、カメラのレンズが目の高さかそれより上に来るようにし、髪の生え際よりも高くならないようにします。

関連記事: iPhoneをWEBカメラとして使う方法をご紹介します。

 

WEBカメラを設置したら、カメラの近くに座りすぎないように注意してください。 最近のZogby Analyticsの調査によると、15%の回答者が、ビデオ通話中にカメラの近くに座りすぎている人に最も不快感を覚えたと答えています(人が食事をしている音を聞くよりはマシ、だそうです)。肩や顔全体が余裕を持って映るように、ウェブカメラの位置を十分に離しましょう。

3. 正面に柔らかい照明を配置する

どのようなカメラでも、良い光があれば、より美しい映像を撮影することができます。Webカメラも例外ではありません。録画する場所を選ぶ際には、光量が少なかったり、逆光になったりする場所は避けてください(背景に窓があると、Webカメラにとっては問題になります)。光量が少ないと、ビデオが白っぽくなってしまったり、最悪の場合、あなたが影のように見えてしまう可能性があります。

理想的には、正面から柔らかい間接光で自分を照らし、部屋の中の他の照明、特に窓や後ろの光源からの光は最小限にすることです。

リングライトは非常に効果的で手頃な解決策です(このリングライトは2000円以下で買えます)。または、あなたがすでに持っている照明を使うこともできます。ランプシェード付きの証明をウェブカメラの前と後ろに配置するなど、いろいろと試してください。参考記事: DIYで、間接照明を作るのも可能です。.

WEBカメラの設定例

理想的なウェブカメラの設定

4.背後を確認する

ウェブカメラで自分が中心にいるとしても、自分の背後にあるものに気を配る必要があります。視聴者は背後にあるものに気がつき、プレゼンテーションから注意をそらしてしまいます。また自然光が入る窓や、コンピュータの画面が映り込むような窓にも注意してください。単純に無地の壁を背景にするのが一番良いでしょう。 Panopto Express 唯一の無料オンラインスクリーンレコーダー)を使って、 仮想的な背景のぼかしと置き換え と、自動追跡 スマートカメラ を使用すると、発表中に部屋の中を動き回りたい場合でも、フレーム内の中央の場所を保つことができます。

5.聴衆とつながる。アイコンタクトと笑顔を大切に

人前で話すときにはアイコンタクトが重要ですが、それはビデオでも同じです。プレゼン資料を時々覗き込むのは問題ありませんが、ウェブカメラのレンズを見て、笑顔でプレゼンをすることを忘れないでください。また、まばたきも忘れずに

もちろん、録画ソフトウェアの隅にビデオフィードが表示されている場合は、自分自身を見たくなるかもしれません。ただし、そうすると、カメラとのアイコンタクトが失われます。可能であれば、この機能をオフにすることをお勧めします。

6.USBマイクを使うと音質が良くなる

音は想像以上に重要です。音声が良くても映像が良くない教材を見ても理解できますが、映像が良くても音声が良くない教材では理解できません。

多くの人は、ビデオ撮影の際に画像にばかり注目して、音声の重要性を忘れてしまいます。ほとんどのノートパソコンに付属している標準マイクやウェブカメラに内蔵されているマイクを使用する場合は、必ずテスト録音をして、音の捉え方が気に入るかどうかを確認してください。その際、背景の雑音を抑えることができるUSBマイクの使用をお勧めします。USBコンデンサーマイクは、20ドルから50ドル程度で購入できます(別の記事でいくつかのオプションをお勧めしています。)。

また、部屋の中の他の音を最小限に抑えるために、できる限りの努力をしてください。ホワイトノイズを発生させるような機械や扇風機は止めましょう。また、部屋の外からの音が気になる場合は、ドアに録音中であることを知らせるサインを貼っておくとよいでしょう。

7.テストビデオを撮る・ウェブカメラを設定して練習する

特に、新しい場所で、新しい機材を使って録画する場合は、必ずテストでビデオを1、2本撮影することをお勧めします。これは撮影に使う機材が思ったように撮影できるのかどうかや、音質が良いかどうかを確認するだけでなく、ビデオカメラの前でプレゼンテーションを行う練習にもなります。教室の前でのプレゼンテーションには慣れていても、自分がビデオで教えているところを初めて録画すると、違和感を覚えるかもしれません。

もし緊張しているようでしたら、台本を用意しても構いません。タブレット端末やスマートフォンには、プロンプターのアプリが用意されていることも多いので、プロンプターを使うのもよいでしょう。またリアルタイムのプレゼンテーションに慣れている方は、最初の数回はウェブカメラの後ろに誰かを座らせて、生身の人間を相手にプレゼンテーションを行うことも検討してみてください。

事例:WEBカメラを使って、Panoptoで幾何学の講義を録画する。

 

 

Panoptoでビデオを録画して共有する

Panoptoのビデオソフトウェアを使用すると、講義の録音、教室の反転、ビデオチュートリアルの作成、またはあらゆる種類のビデオプレゼンテーションを行うことができます。 Panoptoが他のビデオ録画ソリューションより優れている理由は何ですか?送信する前に録画を磨くことができるように、ビデオ編集ツールが含まれています。最も重要なことは、ビデオを安全に共有するための手間を省くことです。以下のリンクに従って録画を開始し、終了したらビデオをPanoptoに送信します。ここで、簡単に編集して共有できます。

無料オンラインスクリーンレコーダーPanopto Expressで画面を録画しよう

YouTube、Google Classroomなど好きな方法ですぐに共有できます。
無料トライアルに制限はありません。ダウンロード、プラグイン、ユーザーアカウント、クレジットカードは必要ありません。

今すぐ録画を始める