あなたの組織には、まだコンテンツの文化がありますか? また、従業員をトレーニングするにはどうすればよいでしょうか? 

すでに大規模なトレーニングにコンテンツを使用している企業でも、新しいプログラムを設計したい場合でも、コンテンツ学習の成功は、企業文化から生まれます。

今日、営業、マーケティング、製品、さらには最前線の従業員でさえ、ビジネス成果を成功に導くために、有能で情報を得、インスピレーションを得るために、大量のコンテンツを必要としています。 しかし、効果的なコンテンツトレーニングプログラムを拡大するには、適切なテクノロジーツールだけでなく、戦略的なインプット、創造性、組織力が必要です。

コンテンツ文化は、従業員の学習目標にとってどのような意味を持つのでしょうか? また、コンテンツトレーニングのベストプラクティスとは何でしょうか? ビジネスセクターのリーダーは、デジタル化が進む時代にインパクトのある結果を得るために、コンテンツ学習モデルをカスタマイズすることができます。

Fastly のテクニカルイネーブルメント担当ディレクターである Brandon Edling が、このディスカッションに参加します。

テクノロジー企業向けのイネーブルメントとトレーニングのリーダーとして、Brandon は、ベストプラクティス、クリエイターのインサイトなど、組織全体でコンテンツトレーニングプログラムを拡大するための専門知識を共有しています。

学べる内容

  • コンテンツクリエーターのようなトレーニングの考え方。
  • エンドツーエンドの学習ジャーニーにおけるコンテンツ作成の重要性。
  • メトリックがトレーニングの成功を検証する方法。
  • 保存期間を超えてコンテンツからより多くの価値を得る方法。
  • エンゲージメントが従業員のトレーニングを好奇心に変える理由。

ウェビナーに登録する

ビジネスおよび教育向けの Panopto ビデオ コンテンツ管理

世界中で1,000万人以上のユーザーに愛されています。

Panopto の独自の VCMS 機能により、企業や高等教育機関が得ることができる最も包括的なビデオ録画、ストリーミング、共有体験の 1 つが可能になります。

  • 最先端のビデオクラウド は、何十万人ものユーザーに対応する場合でも拡張性を提供します
  • 自動キャプションや20+言語へのキャプション翻訳などのAIを活用した機能
  • キーワードベースでの横串検索
  • 柔軟性を高める非破壊編集
  • Zoom、MS Teams、Moodle、Canvasなどの主要なソフトウェアツールとの統合
  • クラス最高のカスタマーサポートとサービス、6年連続で9.6/10の顧客満足度評価